中高年の転職スタイルレポート

*

面接後に出しておきたいお礼状

   

こんな時に役立つお礼状

 お礼状を出せば、必ず採用へと近づけるわけではありません。これが効果を発揮する時と、特に役に立たない時があるのは知っておきましょう。では、どんな状況でお礼状は役に立ってくれるのでしょうか。

・人事の担当者が、採用しようかどうか迷っている時
・人事の担当者が、甲乙付け難い応募者の選択に迷っている時
・お礼状が、思いのほか素晴らしい出来映えであった時
・応募者を技術などよりも、人間性で選ぼうと人事の担当者が思っている時
・「この人のことをもっと知りたい」と、人事の担当者が思ってくれていた時

 こうした時には、お礼状を出しておいた方がプラスに働いてくれるはず。意外と役に立つケースは多いと思いませんか?だから面接を受けたらお礼状を出しておくべきなのです。

 実際に人事の担当者がどのように感じるか、あるいは他にどのような人が応募しているのかはわかりません。わからないからこそお礼状を出しておく。これが正しい考え方であり、正しい選択と言えるでしょう。

お礼状に加えておきたい内容

 お礼状は、面接を受けさせてもらったお礼を述べるためのもの。それ以上のことは本来書く必要はあまりないのですが、面接後に出すお礼状には、もう少し大事なことを幾つか加えておきましょう。

 ひとつは、面接で感じたこと。面接の感想を非常に簡単に述べることで、形式的なお礼状という印象を薄めることができます。ひとつは、面接を受けたことで、入社したいという気持ちが高まったこと。気持ちや感情はあまり全面に押し出さないようにしたいお礼状ですが、1行から2行くらいで簡潔にこれを伝えておくと、その効果は絶大なものとなるでしょう。

 作文のようにならないよう気を付けながら書けば、スッキリとした、しかし意味のあるお礼状が出来上がるのではないでしょうか。

【関連記事】
中高年が陥るマナー違反とは
面接でよく聞かれる質問とは
逆質問を有効活用する

 - 面接に備える

  関連記事

中高年が陥るマナー違反とは

面接前のマナー違反  中高年が面接を受ける際に、気をつけなければならないことがあ …

面接でよく聞かれる質問とは

転職面接でよく聞かれる質問  転職面接では、年代に関係なく、よく聞かれる質問が複 …

逆質問を有効活用する

逆質問で自分をアピールしておく  逆質問は、面接の終わりを知らせる合図のようなも …