中高年の転職スタイルレポート

*

退社の際の手続きあれこれ

      2015/12/07

退社にまつわる事務手続きについて

 退社が決まったら、引き継ぎとは別に、さまざまな事務手続きを行う必要があります。例えば、社宅に住んでいる場合は期日までに引っ越しをしなければならなかったり、社内預金の解約や社員持ち株の処分の手続き、社内融資を受けている場合は退職時に一括清算が必要です。

 また、団体割引が適用されている生命保険や傷害保険の切り替え手続きなど、予想以上に細々した事務手続きが多いです。それらをリスト化し、退職日までにきちんと終わらせるように段取りをしておきましょう。

 また、退社当日には、「年金手帳」と「雇用保険被保険者証」を受け取り、「離職票」と「源泉徴収票」の送り先と時期を確認するのも、忘れないでください。

退社後の必要な手続きについて

 退職後すぐに転職先に入社するのでない限り、健康保険と年金の手続きが必要になります。健康保険は、現在加入している社会保険を任意継続するか、国民健康保険に加入するか、一時的に家族の扶養に入るという方法があります。

 年金は、一時的でも国民年金の加入手続きを行わなければなりません。こうした事務手続きについても下調べを行い、無保険の期間がないように、期日内に手続きをしましょう。

【関連記事】
入社の際の手続きあれこれ
入社初日の挨拶のこと
転職に失敗したと感じたら?あなたが考えるべきことを順番に確認!

 - 退職・入社

  関連記事

入社初日の挨拶のこと

職場で良好な人間関係を築くために  企業は目的を持って中高年を採用しますが、経営 …

転職に失敗したと感じたら?あなたが考えるべきことを順番に確認!

まずは会社や自分を詳細に分析・整理  生きていれば、必ずどこかで、「失敗した」と …

入社の際の手続きあれこれ

内定後の労働契約内容の確認  入社に関する手続きは、実際には内定後からスタートし …