中高年の転職スタイルレポート

*

転職成功するための流れ

 もしかしたら最後の転職になるかもしれません。そこに後悔があってはいけませんよね。後悔しないための転職の注意点、これは知っておいた方がいいでしょう。中高年層が特に注意したいポイントを、転職活動の最初から最後まで、順番に網羅していきたいと思います。

最初に決めておきたい転職ライン

 準備が全て。これで転職の方向性も結果も決まってくるのです。「後悔しない転職」が何かを、ここで定めておきましょう。多少の妥協案も考えながら、「転職の最低ライン」を決めておくのです。それをクリアするための実績や性格、意欲の整理、これができれば準備は完璧です。

【参考記事】
流れを知って計画をたてる
自分の市場価値は必ず調べる
転職活動は在職中か退職後か
どのくらいかかるの?転職活動にかかる期間と、これに関して考えておきたいこと

あらゆる媒体で行いたい求人情報収集

 求人情報は集めるだけでも一苦労。最初は条件をできるだけ絞り、そこから徐々に条件を緩和していきます。これは検索型の転職サイトの場合。それと平行して、転職エージェントで求人情報の紹介を待ちつつ、スカウト機能でもオファーを待ちながら、無駄無く転職先を探してみましょう。

【参考記事】
ハローワークを活用する
転職エージェントを活用する
転職サイトとスカウト機能を活用する

応募書類作成でしておかなければならないこと

 自分の中で認識している応募書類の書き方と、世間一般、特に転職市場で好まれる応募書類の書き方にギャップがあったら全てが台無し。まずは後者を確認しておきましょう。その後に、細かな主張やアピールの仕方を学び、応募書類の質を高めていきます。

【参考記事】
書類選考に残る履歴書の書き方
書類選考に残る職務経歴書の書き方
履歴書や職務経歴書の書き方に悩んだら

面接で実践・対策しておきたいこと

 時間がいくらあっても足りないのが面接対策。企業研究、マナー、質問の予測、逆質問、服装。とりあえずこれらだけはしっかりと実践・対策をしておいてください。仮に面接に失敗しても、そこからも何かを学び取り次の面接に活かす、この意識も中高年層には大切になってきます。

【参考記事】
中高年が陥るマナー違反とは
面接でよく聞かれる質問とは
逆質問を有効活用する
面接後に出しておきたいお礼状

退職には退職のポイントがあります

 退職は、転職とは少し別に捉えた方がいいかもしれません。退職には退職の準備や活動の仕方、注意点があります。自分の意見も伝えつつ、会社の意見も取り入れる。こうした意見交換の繰り返しが退職作業です。転職活動に強く引っ張られることなく、ひとつの活動として取り組んでみましょう。

【参考記事】
退社の際の手続きあれこれ
入社の際の手続きあれこれ
入社初日の挨拶のこと
転職に失敗したと感じたら?あなたが考えるべきことを順番に確認!

公開日:
最終更新日:2015/12/07