中高年の転職スタイルレポート

*

転職に失敗したと感じたら?あなたが考えるべきことを順番に確認!

   

まずは会社や自分を詳細に分析・整理

 生きていれば、必ずどこかで、「失敗した」と思うことがあります。それが転職のタイミングだった時、あなたはどんなことを考えるべきなのでしょうか。

 まずは、会社や自分を詳細に分析してみましょう。失敗したと思う原因や理由が会社にあるのか、それとも自分にあるのかを考え、さらに、会社や自分のどのあたりにそれがあるのかも分析しなければ、次の行動に移ることができません。

 また、分析結果が正しく整理できていなければ、例え行動に移したとしても、再び「失敗した」と思ってしまう可能性が大きいでしょう。客観的視点で整理をすることが、まずあなたがやらなければならないこととなります。

会社の人間や信頼できる人に相談を

 転職に失敗したと思うに至った原因は、誰かに相談することで解決することも少なくありません。

 会社に問題があると思った時、もしそれが会社に打ち明けられることであれば、迷うことなく相談してみましょう。例えば、労働条件が入社前に知らされていたものと異なっているだとか、ある社員の言動が非常に不快であるとか、こういったことであれば会社や上司に相談することで何かしらの解決が見られるかもしれません。

 会社に相談できなければ信頼できる人に相談してみてください。自分ひとりでは思い浮かばなかったような解決策やアドバイスがもらえれば、失敗したと感じた原因を取り除ける可能性も出てくるでしょう。

出戻りも含め転職を検討してみる

 転職して比較的早いタイミングで「失敗した」と感じた場合、できればしばらく働き続けてみるべきだとは思いますが、状況によっては退職することも考えなければいけないのかもしれません。出戻りも含め、転職を検討してみましょう。

 ここでポイントとなるのは、退職を検討するのではなく、まずは転職を検討しなければならないということ。先に退職してしまうと無職になってしまうため、出戻りや転職の実現性が帯びてきたら退職へ向かうという順番を守らなければなりません。

【関連記事】
退社の際の手続きあれこれ
入社の際の手続きあれこれ
入社初日の挨拶のこと

 - 退職・入社

  関連記事

入社の際の手続きあれこれ

内定後の労働契約内容の確認  入社に関する手続きは、実際には内定後からスタートし …

入社初日の挨拶のこと

職場で良好な人間関係を築くために  企業は目的を持って中高年を採用しますが、経営 …

退社の際の手続きあれこれ

退社にまつわる事務手続きについて  退社が決まったら、引き継ぎとは別に、さまざま …