中高年の転職スタイルレポート

*

書類選考に残る職務経歴書の書き方

   

職務経歴書の役割と注意点

 職務経歴書は、応募者の過去の経歴と現在持つスキルとノウハウ、将来のキャリアプランについて、企業にプレゼンテーションする役割を果たします。とはいえ、A4版で1~3枚以内という制限の中で、応募企業の採用ニーズにマッチする内容をまとめ、それを読みやすく表現できなければ、書類選考を通過することはできません。

 そこで大事になるのが、フォーマット選びです。職務経歴書には、「編年体形式」「逆編年体形式」「キャリア形式」といったフォーマットがあり、職種や転職回数などによって、選ぶべきものが違います。

 自分に合ったフォーマットを選んだうえで、よりわかりやすく書くことが、職務経歴書の注意点といえます。

書類選考に残る職務経歴書の書き方

 職務経歴書を最初に目を通すのは、専門スキルのない採用担当者ですが、その後は現場責任者、採否の決定権を握る経営者と、立場の違うひとも読むことになります。

 立場の違いによって、見るべきポイントが違いますが、自社が求めている人物像を理解し、そこに対するアピールがあるかどうかを見極めるのは同じです。しっかり企業研究をしたうえで、自分のどんなスキルやノウハウが応募企業の貢献につながるのかを、しっかりアピールしましょう。

【関連記事】
書類選考に残る履歴書の書き方
履歴書や職務経歴書の書き方に悩んだら

 - 応募書類を作成する

  関連記事

書類選考に残る履歴書の書き方

履歴書の役割と注意点  履歴書は応募書類の中で、応募者個人の情報を端的に伝える役 …

履歴書や職務経歴書の書き方に悩んだら

転職サイトで履歴書や職務経歴書の書き方を調べる  中高年の転職は、いかに書類選考 …