中高年の転職スタイルレポート

*

中高年の転職難易度はあなた次第?!

af9920045368l

中高年の転職は難しくない
 一般的に45歳~65歳程度の人を中高年と言います。社会人として後期、会社内では役職についている人も多い年代です。この時期に、今までいた会社を離れて新しい職場につくという事に不安を感じるのは当然です。

 しかし、どの企業でも起こりうるトラブルや不景気などの影響で会社から早期退職を求められたり、自分から職場を離れる人も相次いでいます。自分と同じように仕事を探している中高年もいるという事を頭に置いて、これからの仕事探しに力を注いでいきましょう。

会社に求めることを考える

 中高年を採用する会社が多いものの、自分とマッチしていない会社へ履歴書を手当り次第送るのは良くありません。会社は、即戦力を探していますので、相性を大切にしている企業が多いのです。

ですので、会社のカラーとマッチしていない人材を採用することはありません。どんな職場につきたいのか、今迄の経験を生かすことができるのか、収入や職種、ポジションなどを吟味して、本当に働きたい職場のみに応募しましょう。

自分について考える
 中高年は、社会人として、人間として沢山の魅力が備わっています。今まで生きてきた人生の中で、自分の強みなどでアピールできることを探しましょう。そして、自分より若いであろう面接官に響く面接をすることが大切です。
★ここがポイント!
・ポイント1 自分の強みを見つけること。
・ポイント2 アピールする力を付けること。

 まずは自分の強みを沢山見つけましょう。ここで、中高年が若手と違う事は、目で見てわかる資格や経歴よりも、キャリアや経験が豊富にあるという事です。そして、面接まで約束できたのであれば、口頭で自分についてアピールすることが大切です。

おわりに
 今や中高年とは言え、若々しい人が多いです。50代、60代であっても、社会人としてまだまだ働き盛りの人が多くいます。この様な経験豊富な人材を探している会社は少なからず有り、会社にとって有利になる即戦力を探していることがあるでしょう。

 まずは、自分が持っている能力、知識、技術などの強みについて考えて、初めて会う人にもわかりやすく伝わるように話をまとめておくことが大切です。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★

定番の総合求人サイト。無料会員登録を行うことでより効率よく就職活動を行うための便利な機能を活用できます。

公開日:
最終更新日:2015/04/22